C D - D I S K - R E V I E W - 4

CD 中心のディスクレビューです。 

Jaket View

Title / Artist

Coments

UNREST

/ REI HARAKAMI
パシフィックステイトで聴いたときから、この人のアルバムでたら絶対買おうと決めてました。なんでもほとんど全曲SC-88一台でつくられたそうで、ああいい音楽って機材じゃないんだな、と。この人の音ってすごく繊細でつくりこまれているにも関わらず、聴いてて全く疲れない。どころか超リラックス効果たかし。いわゆるナゴミ系。こんなアルバムだしてみたい。全曲おすすめ。ぼーっと聴いて下さい。癒されます。

オパ*キュ〜

/ REI HARAKAMI
レイハラカミ2nd。基本的に前作と同じ流れで安心して聴ける。とにかく心地いい音が連なり、連なり.....あと原神さんはディレイづかいがうまい。ってえらそうですけど、結構ディレイを中心にした曲が多い。雑誌の記事でやたらロバート・ワイアットが好きと書いてあったので『こういう曲をつくる人は普段どんなのを聴いてんのかな?』と気になって即日買ってしまいましたロバート・ワイアット。なんか『あ〜』っていうか、ちょっと引いた感じとか、はかなさ加減に近いものを感じました。

VOXXX

/ 電気グルーヴ
電気ですよ。あのー言ってしまっていいですか?これが一番いいです。電気で。ていうか始めてしっくり来た。いや電気は好きなんだけども、アルバム何回も聴くって感じじゃなかったんで、(虹は聴くけど)これはうれしかった。つかめちゃめちゃいいんですけどコレ。賛否両論らしいですが知りませんそんな事。自分この人達がチャート1位になったらもう引退します(なにを)全曲好き。よかったねー>自分 あ 燃料補給しなきゃ>シュゴー

攻殻機動隊

/ V.A
何故にいまさら。まあとにかく攻殻のサントラです。ゲームよりこっちのが有名じゃないですか。卓球はもろハードミニマル。ミニマル馬鹿はこれでどっかいってしまって下さい。ていうかね。マイクバンダイとかウエストデブとかベルトらむとか豪華けんらんですからゆるして。ていうかね。実は7年振りのデリックメイの曲ばっか聞いてるんですよゆるして。

Freek Funk

/ Luke Skater
聴こう聴こうと思って聞き逃していたルーク・スレーターの名盤。なんかこの人って少林寺に出てきそうだなーとか思ってたら東洋人とのハーフだったんですね。どうりで。で音の方はホントに素晴らしいです。最近テクノらしいテクノってあまり聴いてなかったので、これは本当にピュアなテクノ。上ものシンセのキラキラ具合とか、シンプルながらも存在感のある四つ打ちリズムとかとても気持ちいい感じ。自分このアルバムを聴きながら寝てみたんですが、意識が飛ぶか飛ばないかのところに妙に曲がシンクロして素敵な事に。

Lunatic Harness

/ u-Ziq.
そういえばこの人を忘れてました。ミュージックさんです。コノ人好きな人って結構いると思うんですけど。なんていうか自分の中で三バカ変態テクノイギリス人っていうのがあって、この人もその中の一人です。他はアフェックスとスクエアさんです。つまり音はそんな感じですけど、ミュージックっていうだけあってミュージックしてます。メロディアスだし展開しまくりだし。泣き系。自分はどうも他の二人の方が肌に合うみたいなんですが。

こどもと魔法

/ 竹村 延和
始めて聴いた時の印象は、ああタイトル通りだなと。でもすごく繊細できれいな反面、ものすごい狂気じみたものをかんじてしまった。なんてゆーか...あのアキラ(映画)でぬいぐるみが突然襲いかかってくるシーンで感じた恐怖に近いかも。という事で自分はちょっと通して普通に聴けない。でも6曲目は好きだ。あと16曲目も宮崎アニメでかかりそうだけど好きだ。

NUYORICAN SOUL

/ NUYORICAN SOUL
ニューヨリカンソウルのニューヨリカンソウルだけあって、代表的な一枚。大人の一枚。ダンスミュージックというより家で聴いてなんぼ。なんかfeaturingが超ビッグらしい。非常にジャジーな出来で、歌もの充実。やはり10曲目の『 SWEET TEARS 』でしょう。

MINICH MACHINE

/ DJ HELL
『 DJ 地獄 』。これはまった。ジャケといい曲の邦題といいおふざけオーラが全快だけど、とにかく曲がかっこいい。ていうかスーツでDJするこのおっさんがなによりかっこいい。全曲よいが、特に『 コパ 』!! 途中いきなり展開するとこ&ブレイクがかっこよすぎ!! コパーカパーナーそして6曲目の『 Suicide Commando 』ボコーダ−声が絶対耳からはなれなくなる。でもいい。ちょっとクラフトワークっぽさを感じた。これは絶対買い。

DJF 750

/ DJ HELL
ジゴロ地獄さん。なんだかんだでフィルターディスコ馬鹿ですから自分。この人が出たら買うしか。でやっぱりヘルさんらしいミックスになっております。エレクトロ〜ディスコ〜デトロイトなど縦横無尽に飛びまくります。かっとびーって感じですか。ベテランならではのツボを押さえた感じがまた。

" TO COME "

/SILENT POETS
初サイレントポエツ。ダークです。悲しさが伝わってきます。女性ボーカルが微妙にビョークはいってます。あと、マッシブアタックとかそんな感じも。でもそれより聴きやすいかも。これは逆に落ち込んだ時に聴きたい。素晴らしい。

FROM THE 21st

/ JEFF MILLS
でました宇宙人。もとい宇宙人DJ。おびのとこに美しくしなやかなミニマル宇宙!とか書いてあります。この人は何考えて生きてるんでしょうか。音はいつものミニマル実験宇宙。油断してボケーっと宇宙に浸ってると、5曲目あたりで我にかえされます。最高だ5曲目。ミニマル王国だ。やっぱあんた最高だ。DJも最高だ。

REMEDY

/ BASEMENT JAXX
一時期流行りましたねコレ。UKで大ブレイク!の二人組みのふれ込みで。この人達はお台場(99’フューチャーミュージックフェス)で見たことあります。その時は二人並んでDJしてたんですけど、どういう役割分担だったんでしょうね。「俺がピッチ合わせるからお前ミックスな」とかそんな感じでしょうか(多分違う)音のほうはラテンハウスっていうかサルサっていうか結構そっち系なんですけど、歌もの多いので家でも聴けます。ラテンな人に。

FORCE+FORM

/ SURGEON
99年に出たサージョンのミニアルバム。もうサージョンさんってばほんと硬派なんですね。最近は微妙に違う路線も始めたみたいだけど、これはもうサージョン節全快っていってもいいかと。音の汚し具合とかもうたまんねえんだよクソックソッって感じでさすが。で、4曲で40分もあるんですけど、一曲一曲がパート1、パート2とかなってましてちょっとややこしいです。ミニマル好きは是非。ってもう買ってるか。

USER NO.1

/ USER
DJ御用達のUSERですよ。ていうかDJツールですよ100%DJツールだ。それがCDにまとめてリリースされましたワー。しかも1200円位で。当然ジャケとかないし曲名分かんないし。音はもうズッガンズッガンフロアを直撃してくれるんじゃないかしら。最高だ。最高だUSER。アナログ集めようかな。

Muller Mix Compilation

/ FRANK MULLER
親日家のムラー。卓球ともよく絡んで何かやってます。このCDはムラー自身でDJミックスしたやつで、ほとんどがムラーレコーズの曲。ちょっと前にヒットしたDJ Rok『 Silky 』も入ってます。あの日本語で『は〜好き好きなあ〜』って芸者みたいな声が入ってる曲。つかDJ Rok最高。この人だけ最高。あとムラーさんはあんまりDJがうまくないかもしれません。だからDJ Rokだけ聴く。これですべて安泰。

"spring to summer"

/ chari chari
チャリチャリってあんまり知らなかったんですけど、日本人だったんですね。(井上薫さんのプロジェクト名)なんかもっとハウスのディープな黒人とかイメージしてたんですけど聴いたらああなる程なあと。(日本人の音かもなあと)とりあえずアジア、アフリカ、ブラジルとかその辺が好きな人にお薦め。あと自然とか、ジャングルとか、生楽器とか、そういうキーワードに弱い人に。家でリラックスして聴けます。自然っていいな。

CHAT CHAT

/ 嶺川 貴子
音響アイドルの嶺川さんです。元L-Rです。恥ずかしがってはだめです。いくら声がロリロリロリータボイスで一曲目がエヴァンゲリオンのアスカの声とかぶってるからってはずかしがってはだめです。だって3曲目「風の谷のナウシカ」のカヴァーだし。エヘヘ ちなみにこの曲でAIR(車谷の方)がギターで参加してます。なんか怪しい。

Cloudy Cloud Caluculator

/ 嶺川 貴子
音響アイドルの嶺川さんです。元L-Rです。上のやつより音響度が上がってます。ピコピコしてます。いわゆるポップでキッチュなサウンドってやつだねあはは。かわいー凹。でもよく聴いてごらんなさい。かつてこんなコアな音響を聴かせてくれるアイドルがいたでしょうかいませんね。いねえって普通。まあそんな世界についていける人に。