〜光系テクノパーティ〜
 
R a y
2000.12.7 [TUE] at club GAMOS
start.22:00~  \2000 1drink
 


Ray。レイ?レイって何?(教えて君)っていう人がほとんどだと思いますが、
辞書で調べてください。なんてテクノ好きにありがちなそっけなさで
クールミニマル馬鹿を醸し出そうったってそうはいきませんよあなた。いや言葉の意味は別にアレとして、
Rayっていうのはピノコピノ女史主催の地下暗黒舞踏パーティーです。
またDJやってくれーなんつって駆り出されてしまいました。(確実に強制)

ていうか今回は(も)ちょっとすごかったんですよ。このイベントにいたるまでのいきさつとか
いきさつとか、あといきさつとか。んっがぐっぐ(サザエ)
 
>オーガナイザー
DJを決める前に箱に予約入れるのはどうかと思います

 
あ。言ってしまいました★ってかそんな感じだから大変大変。イベントの日まで約一ヶ月半。しかも内二人はDJ未経験。
タカギ氏にいたってはまずターンテーブルを購入する所から初め、レコードを買いまくったり鬼のようなバイト(激務)の合間に練習
しなければならなかったりなど相当大変な事態。TELで話すたびに彼は、
「ほ〜んとやばいほ〜んとやばいほ〜んとやばい酒ガーのんでねて朝おきてソッコーバイトだしほん〜とやばいキャラが」
とかナチュラルに壊れていくのでした。ピノ女史にいたっても某電気マニアな友人からレコードを大量に借りたり
いきなり本気フライヤーを何百部もこさえてみたり間違えて「さすがの猿飛」かけようとしたり色々大変大変。
んで自分もあたりまえのように大変な時期でこれが。(日記参照)

でも何だかんだで時は流れ、いよいよイベントの日。

12/7
きました当日。はや。
とりあえず多摩川ツチヤング宅にみんなで集まってタカギ車で行く事に決定。
箱自体はオープンの二時間前(八時)には入れるらしいので、渋滞や道迷(みちまよ)
なんかを想定して6時くらいに出発しようという話しに。みちまよて!

ピノリアンさんは家に早々に来てなんか携帯でいろんな人と色々話してます。さすがオーガナイザー!
と思ったらドタンバキャンキャンパニックの類いの電話でした。なんだよそれ!クソックソ!(壁に頭をうちつけながら)

脳天と鼻から血ーダラダラでミノワ君に電話をしてみた所、
「いやーいーま選曲考えてるんだよねー!あ、もうあと一時間か。まあいーや!
一時間で何とかするよ!っていうか今初めて練習したんだけどね!」
との事。(わあ...)当日出発前一時間しか練習しない彼。かなり兵(つわもの)です。

六時半頃タカギ氏到着。服装はさわやかボーダー長Tシャツですが目が泳いでます。
あと妙に動きがぎこちないのはやはり緊張のせいでしょうか。
そして皆車中で談笑。音楽話などしたり。どーしよー今日まじやばいねーアハハっハア(胃痛)とか
すっかりなごやか。つかはらへった。途中マックでハンバーグ挟みパンを頬張る素人DJ四名。(しかめっつらで)
マックのコーヒーは不味いナア。ゴキュゴキュ。ブハッ(嘔吐)
腹一杯になったら眠くなりました。大丈夫かこんなんで。

八時過ぎ頃新宿到着。駐車場探してぐるぐるぐるぐ。なんとか立体駐車場におさまりレコードかついでGAMOSへ。
入ってすぐにいかにも新宿二町目チックな店員(TUYOSHI似)の説明を受けつつ音機材チェック。

ドッチードッチードッチード(爆音)

ああ。よいですね前回より格段にやりやすいですね音も悪くないっすねってか照明のスイッチングも自分らでやるんですね。
あとここはDJブースが高い位置にあってフロアと少し離れてるのでいい感じ。手元も見られないしなかなか。

ターンテーブルも安定してるしディスコミキサーもベスタのちゃんとしたやつだしさすがそれなりに高いだけあります。箱代。
ピノさんは外の壁にフライヤーをべたべた貼るとかいって外にでていきました。そしたらカブロボが出待ちのファンよろしく
「チョットハヤクキスギタアルソシテテクノデメシガクエマスイッカイサンマンデヨロシクオネガイシマスココハシンジュク2」
と虚ろな目でつぶやきつつ立っていたのでさっそく手伝いを命じられていました。ロボットに市民権を!

んで適当に音出ししてたらいきなり針がツツツっと。げ。折れたのかしら。

三分後(試行錯誤)

折れたようです。でもだいじょうビ!ちゃんと僕の完璧に寿命まじかの針があるからね!カチッ(後に悲劇)
なーんてやってるとあっという間に10時。オープンです。トップはミノワ君。
今回は以前にもましてディープドープです。ほとんどビートレス。しかもアンビエント入ってます。かっけー
彼はDJする時たばこる(たばこる!)人なのでちょうどブースの青い照明と煙りと音がマッチ。近(削)
ちらほらと入ってきたお客も椅子で揺れてる感じ。かーなーり箱全体をいいムードにもっていってます。くそう。こいつはモテるや!

んでフロアではミノワ君の可愛い彼女がモーリッツオも真っ青の激ドープブレイクビーツに身をゆだねてますよ!なんだかいやらしい!(×)
っていうかDJしてるミノワ君は田中フミヤもパンツ一丁で逃げ出す感じです。よくわかりませんけど。
あと途中
ガンダムのサントラとか普通にかけてました。ってか違和感ゼロ。言われなきゃ分からなかった。
約一時間のプレイ。最後の方ではフロアにサイレン系のブオーという音がのった曲がかかって自分も変なギアに入ってしまいました。
「ミーノーワーくん!」とか裏声でさけんでみたりみなかったり。(壊)ラストの曲は
ビョークかな?あれはレイって感じでした。光系アブストラクト。

んで11時、DJタカギスタート。のっけからミニマルミニマルハードハードハードミニミニミニ
この一ヶ月、寝る間を削って練習したり何度もレコードを買い直したりして選曲しただけあって、かーなーりかっこいいマニミル曲を連発。
前半はさすがに初めての箱DJにテンパリぎみでしたが、徐々に調子が出てきた模様。なかなかDJ姿も様になってきて
る様に見えましたが、完全にここは違うだろうという所でフロアを
ハードコア風ヘッドバンキングで思いっきり煽る
などのマチャアキも驚愕の
珍芸を披露してくれたので、
「嗚呼。テンパりDJの名は伊達じゃないんだな...っていうよりいっぱいいっぱいなんだな(涙)」
と思うのだった。なーんてなー

曲的には
リッチーホウティンのオレンジとか、コードレッド10番なんかを中心に繋ぐなど、かなりミニマルよりな選曲。
中には全然知らないぞ何これな曲も多く、相当視聴したんだろうなー的な想像で涙
は出てませんが普通に感動。ほんと無謀な挑戦に果敢に挑んでいった命知らずの漢(おとこ)だあんた。あんた最高だタカギ氏最高。

12時過ぎる頃には一通りの客も来たようで、それなりにパーティっぽい雰囲気に。っていうかここを見てるDojiさん
が来てくれまして。うっっわーって感じですよテクノの輪ですね。そしてエダリアンや前回一緒にDJをしたDidifishさんも
来てくれました。わーつうか二人とも可愛い彼女連れちゃってるじゃねえか!(やっぱりか)
っつかなんなんですか君ら!流行ってんのかなそういうの!(マシンガンを無差別に乱射しつつ)

さらに引き続いて茸さん(テクノっ娘選手権優勝)も素敵なジャージングメガネで参上してくれました。
素敵なジャージングメガネで参上してくれました。素敵なジ(しつこい)
しかも会社帰りな勢い。わー茸さんやっぱ最高テクノっ娘です。フロアに必要な人材派遣会社を設立して会員ナンバー
一番は君だぞワッハッハアハアハ。どうや!わしがふぐさしでもおごったるでしかし!とか言ってみるしかないな!(一秒後に拒絶)

途中ミラーボールのライトのヒューズを余裕でぶっ飛ばすというアクシデントに見舞われつつも、
タカギ氏(キングオブテンパリDJ)がもうそろそろ終わりに近付きました。が、その時明らかに音が割れ出しました。

ドーズィドーズィドーズィドーズィ(!)

ありゃ!なんだこの音!普通にひでえなしかし!っていうかもしや....(ブースに)

一分後(試行錯誤)

どうやら逝かれてしまったようです。マイ針が。しんじゃったんです普通にお星様になったとか
ならないとかっつうよりどうすんだまじで!(混乱)もう予備の針もってきてないゾナー!(×)

そんないつイベントが終了してもおかしくないだろうっつか音がなかったらこの空間ってなんだろう
っつうよりオラ!金返せやこのオタク!ドカッバシッボカッ!(砂埃の中で手や足がでています)
みたいな悲劇が目前!うわあ あ あああ  う あ  あ(ムンク面で)

んで一時前になろうかという頃、そのままDJノリヨスタート。でました本日二人目の一ヶ月DJです。

っていうか針!針が!音が!わ、ワレワレワレ!(口から泡が!)

そんな自分を見かねてか、今DJを終えたばかりのタカギ氏がすぐに
ガモス店員(たぶんあっち系)に土下座&靴なめで針を借りてきてくれました!たたたたた!

んーこれはコンコルド?ピンカートン?どっちにしろ高い針なので慎重につかうべし
わかったかなもし(忍者)とピノリヨさんに言って合間にそそくさと針交換。ふー(黒子)

危機も脱出し、安心した自分は箱の中をうろうろしたり照明やったり来てくれた人と談笑したり踊ったり、楽しい一時。
右のスピーカーの前でカブロボがタカギ氏の時からノンストップでク゜ネク゜ネ踊りつづけてます。
しかも顔をよくよく見れば「モットモットテクノヲクダサイイイン」とでも言いたげな恍惚の表情をうかべてますよ。わあ...

ピノリヨDJは、電気や石井堅、地下世界なんかの有名所のリミックスなんかを織りまぜつつも、
玄人向けのミニマルなんかをうまくミックスしていてかなり完成度の高い選曲です。普通にかっこよい。
さすがはモテ(たい)女連合会長。っつかモテたいが為に鐘はなるっていうかモテたいがためにこのパーチーを(勢いのみで)
企画しちった!っつうより自ら回してモテちゃおうみたいな発想が丸見えミニマルですねえ....。(しみじみ)
でほんとにやっちゃうからすごい。(ある意味)絶対普通一ヶ月でDJやろうなんて考えませんよ。
でもつなぎの方はかなり安定していました。集中ー
個人的にマイクヴァンダイクの
MORE [Mijk van Dijk Remix]はほんと印象深かった。これもまた実にレイって感じ。
あと、ブロスかなんかで卓球も推してた
TOCOTRONIC vs. CONSOLE の Freiburg V3.0 [CLUB EUROPE]。
ドイツもの泣きメロボコーダトラックが最高。っていうかこの曲は自分の中でテーマ曲なのです。このイベントの。
この曲聴くと色々とここ最近の事とか今日の事とか思い出すんだろうなあ。ええ曲だなあ。

ジャンボタニシではフロアの人々はみんな諸手を挙げて踊ってて妙な空間度高。ピノリヨさんもブースから煽りだす始末。
フロアは大変よい感じに仕上がっております。J-A-M-B-O-

あーやばいやばい。これからDJだってのにあまり上がりすぎちゃダメアルネ。(自制)落ち着こう。自分。
と、ラウンジの方を見れば、なんだか不思議なオーラをもった人が半裸に豹柄のマフラーで一人椅子に座ってます。

ピン



ときました。あの人は自分が好き好き好き好き好きっ好き(一休)なステキサイトオーナーのっていうか普通にファンの
タニシのとぐろさんに違い無い!だってオーラがでてるんだものオーラがなんか。
うわーっていうか絶対あの人だよー。たぶん。っていうかたぶん。というよりたぶん。
でもいまいち話し掛ける勇気がないです。嗚呼うあう

ゆ、ゆうきゆうきゆうきゆうきををを を     を   だ、だ、だしだし だ     だ          だ

わー!(ブースに退却)(←×)

なんだかもう人生負け組感というかそんな自分に失望感まるだしのツラで照明のスイッチングをする自分。ちびまる線でまくり。
そしたらあきらかに眼鏡っ娘萌え萌えジャージングミニマル(女子)の茸さんがブースにやあやあって感じで入ってきたのでこう訪ねました。

「ねえ、
とぐろさんって知ってる?(←!)いや、あのほら、ジュビリーのトップとか描いてる。(←!)

こんな時にこんな所でいきなりなにを言う。自分。って感じですが、すでに変なギア入ってました。

あ、知ってるよってか一緒に話し掛けてみようみたいなノリになり茸さんと共に「たぶんとぐろさん」に話し掛けることになりました。

「あの、もしかしてとぐろさんですか?」


「!」

ここから先はアーティスト側の意向により、顔文字トークでお楽しみ下さい。

と I_・ )

つ&き (」==) (´∇`)

と (@_@)キラン☆

つ&き(」゚ ロ ゚)(≧∇≦)

と 
(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー

つ&き(」≧3≦) (/≧∇≦)/

と 
(-。-)y-゜゜

つ&き(
*´Д`)(*' ')


終了。


なんてやってる内に2時半を回り、いよいよ自分DJの番に。

今回DJリスト
 01 Silky / DJ Rok / MULLER
 02 Ganz Ganguro/ DJ TASAKA / Loopa
 03 TECHNOPOLIS(Denki's Techtroporis-RMX) / Yellow Magic Orchstra / Victor
 04 Suburbam / The player / neuton
 05 Low Frequencies / Valentino Kanzani / Primate
 06 CODE RED05 A2 / JOEL MULL / CODE RED
 07 Our Music Remix / ANGEL ALANIS / bluline
 08 "mutate and survive" A1 / OLIVER HO and JAMES RUSKIN / META
 09  INDUSTRIAL COPERA / TONI RIOS/ Federation of Drums
 10 Optimistic / Jel Ford / Primate
 11 EASY FILTER 6 / FLR / REEL MUSIQ
 12 MIAMI BURNS / DJ I.C.O.N & TOXIC TWIN / Low Spirit
 13 track2 / phylyps / BASIC CHANNEL
 14 LIVING IN THE EIGHITES / DJ VITAMIN D / IHR
 15 the allnighter [slam counterplan mix]/ ian pooley/ NRK SOUND DIVISION
 16 Windjammer Landing / Olav Basoski / WORK
 17 Copa [phats&Small's Mutant Disco Mix] / DJ HELL / V2
 18 cold wait / ian pooley / V2
 19 Magic Sunset St. / YOSHINORI SUNAHARA / Ki/oon
 20 in motion / tachnasia / tachnasia
 21 UNDISPUTED LIFE (Technasia remix 2) / JOHN THOMAS / SINO
 22 Phase / Fumiya Tanaka / Torema
 23 I THOUGHT 3, BUT WERE 4 IN FACT (Hamburger Mix) / TAKKYU ISHINO / SONY
 24 The Start It Up (Technasia remix) / Joey Beltram / GLASS
 25 Tokyo Disco Music All Night Long / KAGAMI / FROGMAN
 26 FEELIN' GOOD (DJ Antoine v/s Mad Mark Rimix) / HOSTYLE /Anti Groove Rush
 27
 NIJI [Paul avan Dyk's Pot Of Gold remix]/ DENKI GROOVE / SONY
 28 MY DEFINITON OF HOUSE MUSIC [RESISTANCE D REMIX]/ DJ HELL / R&S
 29 REZ / UNDERWORLD / JUNIOR BOY'S OWN
 30 NIJI [RMX for WIRE 99]/ DENKI GROOVE / SONY
 31 MAD PIERROT / Yellow Magic Orchstra / alfa


とまあこんな感じの選曲に。シルキーから始まって4くらいまでミニマルディスコ系。タサカ電気。
んで5〜9くらいはトライバルハードミニマルタイム。んで10で光り系ミニマル投入。キラキラ浮遊。
11イージーフィルターで流れを変え、少しピッチを下げてビバリーヒルズコップ。いきなりドイツ全開な感じで。
そこを一つの山とみなし、(勝手に)ベーチャンの9番でバスーンと落とし、しばらくゆらゆらと流す。

って落とすもなにもフロアに人が少ない!(やっと気付く)
うわーまじすかー。うわー。わーなんでだー

ひょっとして自分のDJがよくないのかしら....(ちびまる線)

でもまあしょーがねえな!イベントも一回目だしこんなもんかなアハハッハア   ハ

んな訳で一刻も早く消え去りたいつなぎに集中しまくる事に。今回はかなり冷静です自分。っていうか緊張ゼロ。
音に超集中ミニマルってかここがクラブって事すら忘れるくらいリラックスしてました。それもどうかとって感じですが。

そして15〜18で前のcaiの時にもやったミックスをやってみたり。ここら辺のまったりハウスミックスは
聴いて楽しんでもオッケーな感じで緩めに展開。エビエビエビスィーン

ただ右のスピーカーの前には今日しょっぱなから一人ぶっつづけで踊り続けるカブロボッコさんが。あんた最高。
終了時間を逆算して予定より少し早めにまりんトラックにつなぐ。電気好きに微妙に反応が。
後半のブレイクは手でレコを止めて少し長めにじらしてみたり。いかがなもんでしょう。

んでテクネジア「in motion」(光り系)からSINOのテクネジアコンポ。サイノあたりでピノリヨさんが、フラッシュ(照明)
の正しい使い方をマスター。フロアを視覚的にあげていきます。しかも音とシンクロしだしてやっとそれらしい感じに。

そのままフミヤのロスト系走りミニマル。ハイハットにかかったフィルターが開いたり閉じたりするあれ。
あれをしばらく流してから、そろそろ終盤の盛り上げ大会を開催しようって事だったので、
卓球のアレ曲を少しずつミックス。とここでやっとフロアに人!人が!(わあ...)

隣を見てみると、照明をやっていたピノリヨさんがいません。前を見てみると普通に踊ってます。おいおい!
誰が照明やんだ!っつか自分しかいませんね。はーい。

って感じで照明のスイッチングをやりつつDJ。かなり忙しいです先輩。特にこの卓球トラックのキックが
ドドドドドドドドドドドドドってなるブレイクなんかは、間違い無くフラッシュをピカピカピカピカピカピカピ
ってやるであろう事に決定してますので光りと音を同時に演出してます私。すごい。マママったらすごい。(自画自賛)

そのままベルトラムの名曲「
The Start It Up 」のテクネジアリミックス(光り系)につなぎ、
みなさんよだれダラダラでまちのぞんでいた(であろう)カガミのあの曲を少しずつロングミックス。じりじり

当たり前のように即バレし、上がりまくりのフロア。あー あー あー あー 


「トーキョーディスコミュージッ オーナイ ロオー」
(ボコーダー)


どっかーん。


あれちがうかな。

じゃ顔文字でこの時のフロアを現わしてみましょう。



(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ
(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ(ノ≧∇≦)ノ (ノ 宇宙 )ノ ミ☆



だいたいこんな感じで。
(想像含む)ほんとテクノ好きって単純素直でよい人たちばかりだね!っていうかタカギさん普通に壊れすぎです。

んでカガミのアレをかけときゃオッケーだなこりゃ楽勝の次は、そのままあがりきっていただく為に
シスコハウス2で視聴して買った最高フィルターディスコ
「FEELIN' GOOD」をこの日初めてのバックスピンでつなぐ。キュルルッ

フィーリングー フィーリングーっていう女ボーカルが印象的なこの曲は、自分的にも大盛り上がり。あげてー あげてー
ブレイクも派手で、ふとフロアを見ればなんとあのエダリアンも踊っているじゃないですか!(衝撃)いい人だなあんたも。

そのまま虹ポールヴァンダイクミックスになだれこんでもらいましょう。(虹ファン)

テンテレレン テンテレレン テンテレレン テンテレレン...

実にRAYって感じ。確かこの曲の時にブースに身を乗り出したエダリアンからなんかお誉めの言葉を頂戴したような。

んがーってかやっぱこの日の客は電気好きが多いみたいだったので結構喜んでくれたのではないかと。(想像)

そんでこのミックスは
ブアアアアアーーーーーンワンウワンウワンウ....
っていう感動ストリングスフェードアウトで終わるので、
ちょうどそのコードの響きとよく合う感動ストリングスフェードインで始まるDJヘルの名曲、
MY DEFINITON OF HOUSE MUSIC [RESISTANCE D REMIX]にゆっくりクロスフェード。夢と光の国へようこそ!(ウルトラQ)

んで曲の途中からこれもテクノ好きなら当たり前のように誰もが知ってる、アンダー世界さんの
REZローングミーックス。光り系必須って事でっつうより光り光りうるせえよあんたって感じですね! 嗚呼。

んでさらに
虹ワイアー99バージョンの後半が実に終わりっぽかったのでさらに続けてローングミークククスクスク
っつうか虹二回も使うなよププップゲラて感じですか。確かに。いやでも

タラランタラランタラランタラランタララン(ホワンホワンホワンホワン....)

って感じのチルで終わるこの曲の最後があまりにもイベントの閉め曲っぽかったのか、フロアからワーっと拍手が。

ああ

この瞬間の為に生きてます自分。あーもう明日死のう。やっぱやめよう。っつか至福の一時。なかなか素晴らしい空間。

んで調子にのって前回と同じくYMOをかけてみたり、しかもファーストアルバムの最後の曲。
MAD PIERROT。(ピッチ最大上げ)
流れ的には虹で終わっても全然よかった気がしますが、まあ初めてのテクノイベントだし、敬意を表してって事で。




そんなこんなでRAY 終-了-
ピノリヨさんがお客さんに、「今日はどうもありがとうございましたー☆」とか言ってます。☆はなかったですが。
んで、あー終わった...って感じでおつかれトークを来てくれた人と交わしてみるべくラウンジへ。

そこで皆とぐろさんを囲むように談笑。やっぱ半裸に豹柄マフラーのみのこの方が皆気になっていたのでしょう。
「いやー!今日は来てくれてありがとうございました!いやほんとに!」
なんてテンション高って感じで話し掛けたら、

「じゃあ、がんばったので、
ポッキーをあげます。はい。

とかいって冬のくちどけポッキーをもらったよ!わー!(泣き)とととぐろさーん!
ってかみんなに
「はいどうぞ。はいどうぞー。」っつってくばってるよポッキー!(半裸で)

そんですっかり打ち解けなごみんぐミニマルになり、テクノ話やワイアーがどーだったとかこのレコードがウププとかニヒヒ
とかそういう一般からはかなり遠い会話で楽しく談笑。(わあ...)

五時もまわってみんなでGAMOSを出ると、さみー!ふ、普通にさみー!

という訳でつちやピノタカギとぐろさんで缶コーヒータイム。で、
「いやー今日は本当にありがとうございましたー。いやほんとに」
と言って(また)車に乗り込むツチピノタカギ。ふう....

ブーン(発車)



........。


ついに終わったか..... 

.....ふああ...ねむ...  ふあ あああ.... あ (ゴロン)


なんつって横を見ると
とぐろさんが座っているよ!(普通に)やややったー!(ファン)

という事で素人DJ軍団&とぐろさん(半裸)は、原宿ラフォーレ近くのジョナサンで
楽しいモーニングタイム(びっくり)を過ごしたのでした。

みんなおつかれ。