2000.2月の日記

 top
 new diary
 past diary
 

[2/29] ナルシズマ

 
 今日はデジカメで自分の顔ばっかり撮ってました。はい、気持ち悪いですね。
 ていうかですね、そんなナルシズム溢れる行動する程よいツラじゃないんですけどね。なんかどこまで
 
変な顔できるかとかそんな理由で。はい。一人で。最初楽しかったんですけどね。
 なんかマックにとりこんで、その画像に「ムンク1、ムンク2、ムンク3...」とか付けてたら死にたくなりました。
 

[2/28] アイブック

 
 今日は友達のカブラッド君(ロボット)とアキハバラへ行きました。(スキップで)
 
 
 マ「あーやっぱ落ち着くよなーココ」(自分達の街だと言わんばかりに)
 カ「ソウダネ アキハバラバラ」
 マ「なんか空気?空気感?がオイラごのみって感じ!」
 カ「ソウダネ アイブック」
 マ「え?あいぶっく?」
 カ「アイブック」
 マ「アイブック?ああibook?マックの?」
 カ  ドバーッ(突然口から大金が!)
 マ「うひょっ!どうしたのそんな金!」
 カ「アイブック」
 マ「え...カブラッド君まさか....」
 カ「アイブック」
 マ「...そうかい...わかったぜ....みなまでいうな!」(つって親指をピーン)(←なんかのアニメキャラの真似)
 んなわけでマック屋さんへれっつごー(スキップ)
 
 -マック屋-
 「ああ...なんてここは素晴らしい所なのかしら。ここにいる人々はみんなマッカーなのよね。愛してるのよね。
 きゃーなんかマックへの愛の波動をひしひしと感じるわ!もうだめ!てゆうかもうだめ!あっ...」 クラッ(貧血で倒れる)
 って娘を僕が探してるウチに買っちゃったカブラッド君!すごいや!(もたもたしてる店員の横面を札束で叩いてたし!)
 マ「うおっマジで買ったの!」
 カ「キャッシュデ ドーモ スミマセン」
 マ「しかもこれスペシャルエディションじゃん!ヤッル
!」
 カ「シメテニジュウヨンマン ドーモ スミマセン」
 マ「フー!こうなったらお祝しようよ!」
 カ「ドーモ スミマセン メッセーサンオー」
 マ「え?メッセサントウ?」
 カ「メッセサンオー」(つってVサイン)
 マ「メッセサンオーV?よし...
メッセサンオーVいくか!
 その後 To Heart買ってウインドウズのエミュで 僕の家でibookをパワーアップさせました。
 
 
 いいなあ。買ったばかりのパソコン。
 

[2/27] おとーさーん

 
 67.8凹。
 

[2/26] 動力源

 
 結局今日で今月9回目だった。こいつが。いつもは夕食として作るのだけれど、今日は昼飯だった。(魔がさした)
 なんて事をしてしまったんだろう。贅沢は敵なのに。
 
 そいつ一食分に掛かる金額
 (マルチャン3人前198円 + キャベツ半分68円 + もやし一パック48円 + 豚肉約250g 334円 )÷3 =216
 それに消費税をたして226.8。226.8?
 
 226.8円なんだ!俺の夕食代って!なんかすごいかも。(どこが)
 

[2/25] ドキドキ渋谷日記

 
 今日は友達のカブラッド君(ロボット)と、学校の就職課でお茶を濁しました。
 
 マー「まだ大丈夫ダヨネ僕ら!」
 カブ「ダヨネー」
 先生「がんばれー」
 マー「あっこれなんか僕ちんむけ!ワーイ!」
 カブ「ワーイ」
 先生「がんばれー」

 先生ありがとう。あなたの事は忘れません。たとえ橋の下がマイホームになろうと。

 
 30分後には渋谷でした。
 
 ひさびさのレコレコ探検隊です。But が、しかし (←プ)
 自分は今月に入って焼きそばを8回食べました。しかも夕食で。つまり金がナッシング ゴナ チェンジ(だせー!)
 だったわけであります。毎日毎日お腹を空かして「ロロップロロップ〜」「せつこ!」「ロロップロロップ〜」「せつこ
!」
 「ロ(しつこい)とか視点の定まらない状態だったわけであります隊長。銭があったら米を買うであります。自分は。自分は!
 とまあそんな感じで一匹のおたくちゃんとロボットのドキドキ渋谷日記にしようと思ったんですが、自分は今月に入って
 焼きそばを8回食べました。しかも夕食で。つまり金がナッシング ゴナ チェンジ(VOXXX良かったよ!)
 だったわけなのよ。毎日毎日お腹を空かして「めしー」「うっさいがまん!」「めーしー」「うっさいがまん!」
 「め(しつこい)(←しつこい)とかそんなパラドックスなトコなんです渋谷って。恐ろしい街だここは。禍々しい....
 まがまがしいんですよ渋谷!ねえカブラッド君!
 「ソウダネ センターガイ」
 狩られる前に帰ろうね!
 「ソウダネ センターガイ」
 ってな訳で、僕とカブラッド君は見る人全てを怪しみつつ、テクニーク、シスコテクノ、ユニオンを回りました。(小走り)
 さあかえろーとしたらレコードが一枚手元に...
 「うわっ!いつの間に買ったんだおれ!」
 「ヒトリコントスナ センターガイ」
 「うう...これで来週も焼きそばだ....」
 「マンダラケ センターガイ」
 「まんだらけ?」
 「オトコダラケ マンダラケ」
 「おとこだらけ?よし....
まんだらけいくか!
 
 とかそんな感じも。引きましたか?ちなみに僕はこんな感じです。石とか投げないでくださいね。
 
 
 
 ちなみに買ったのは ian pooley の「MERIDIAN」ってやつです。今聞いてます。結構いい感じ。
 

[2/24] 映像グラフィカリティ

 
 
 
 
 
  今日という日。
 

[2/23] 昔風クール

 
 ヘイ・ブルドックからお越しの皆さん。こんにちわ!さてここで、残念なお知らせがあるよ!
 実はココ、
今日で閉鎖なんだ!すごいね!ほ〜た〜るの〜ひ〜か〜(涙)
 
 
 なんてうそ!ワーイ虚構だー!虚構サイトバンザーイ!(笑涙)バンザーイ!(笑涙)バンザーイ!(鼻血ブー)
 
 ...えー実際はこんなテンションじゃないので普通にネタにします。
 自分のサイトがレビューされるなんてそうそうない事だし。
 
 
(ReadMe!新作レビューより
 
ウエエヴレコオド   おすすめ
 テクノ好きな男性のかたによる、テクノ系ページです。自作の音とかも置いてあります。
 昔風クールですが、ちょっと様式美のようなものも感じます。
 カタカナフォントで「ニッキ」とかする、みたいな。日記の文章はなかなかいいです。
 
 
 
 
(」゚ ロ ゚)おすす...
 
 
 あっすいません!なんか自慢みたいになってますね!テへ!おすすめられてますよウチ。どうしましょう。
 ていうか昔風クールってどんな感じなんでしょうか。ひょっとして吉田栄作とか加瀬大周とかその辺
 なんか気になります。でもどうやら好評価をうけているようです。
 見た瞬間に驚いてカツラが15cm程飛び上がってしまいました。
 でもダイジョウブ!ちゃんとあごひもがついてるからちゃんと戻ってくるよー!パチーンって!
 ほらほら!「パチーン」あははとかこんな文章がよかったんでしょうか。
 世の中まだまだ分からない事ばかりです。

 

[2/22] 続・ツルヤ


 ねぼけまなこでミサイルチョップ。
 こんばんわ。みつばちマーヤです。よろぴくネ!(といってヤクルトを手をつかわず一気飲み)
 ダラー あっあっ鼻からでてきたヨ!うわあ止まらないよう!ヤクルト!ヤクルトが鼻から!
 
ヤクルトが鼻から!わあわあどうしよどうしよ(といって多摩川でマッハで寒風摩擦)
 えっていうかこれってすごい事かな?テクテク....
 -公園-
 ほーら好きなだけお飲みージョバー『わーい』(近所のガキ)お飲みよお飲みよージョバー『わーい』(近所のガキ)
 ああ...生きててよかった...(といいつつ3階からダイブ)
 んーな感じで昨日の続き↓


 - ツルヤ話 α -

 カゴの中身を見て、「うえー!こんなに高いハム買うのー!」と大声で発言。よく見たら知らないおばさんだった。

 
 
 - ツルヤ話 β -

 母「あ ちょっとじゃがいもとってきて」
 マ「うーい」
 母「入り口の所に積み上げてあるから」
 マ「うーい」

 -入り口のトコ-

 マ「えーと...」
 マ「あ、これでいいか」
 マ「あれ、取りにくいな、うおー」(下の方から引っ張る)

 ドシャー!!!!!!(大散乱)


 逃げた。


 あ、あと犯人が犯行現場に戻るってのは本当らしいですよ。後で人だかりに混じってましたから>自分
 

[2/21] ツルヤ
 
 あれは小学校3、4年くらいの時だったと思う。僕は母がツルヤに買い物に行くというのでついていった。
 ツルヤというのは長野県とかそっちの方ローカルなスーパーで、この位の年代というのはそんな事すら楽
 しみだったりするものだ。もっとも自分なりに違う目的はあった。本屋だ。町から少し離れた所に住んで
 いた僕にとって、母の「ツルヤいくよ」という声=「本屋」だった。
 その日も本屋行こうとか思いつつ、いそいそとついていった。
 
 「じゃあ、本屋行ってくる」僕は母にそう言い残して本屋へ直行した。まあ、本といっても漫画なのだが。
 
 しばらく立ち読みをしていると、背後に人の気配がした。いやそれは特別不思議な事では無い。
 それより今は漫画タイムでしょと読み続けていたが、どうも様子がおかしい。気配から大人の男だという事
 はわかるのだが、一向に動かないのだ。というか少しばかり接近しすぎだ。だんだんと恐くなってきた。
 なんだ?なんなんだこいつ?とか思っていると、その男は体の前の部分を僕に密着させてきた。
 分かった。こいつ変態だ。やっと現状が把握できたものの、恐怖心からか動く事ができない。おいおい!
 男だぞ!という思いだけが駆け巡る。でも恐い。蛇に睨まれた蛙とはまさにこれか。気持ち悪い。でも恐い。
 気持ち悪い。恐い。
 だんだん恐怖が怒りに変わる。 ......。
 
 バッ!
 
 僕は読んでいたいた漫画を少し乱暴に置き、そいつをはね除けた。少し目があって心臓が止まりそうになったが、
 今は逃げるのが先決だ。ダッシュで走り去りたい気持ちを必死に押さえつつ、半ば硬直ぎみな歩行で本屋を出た。
 今だ。
 
 ダダダダダダダダダダ!!
 
 面白い位に逃げてやった。本屋が見えなくなっても後ろは振り返れなかった。
 
 - 一ヶ月後 -
 
 友達のH君とH君の母親で、隣町の本屋に行った。なんか変な人がいると思ったらそいつだった。
 そいつは僕の顔を見て逃げた。
 僕も逃げた。みんな逃げた。
 
 
 話が大きく逸れてしまった。ツルヤでの事を書こうとしたのに。まあそれはまた次回。
 

[2/20] 未来像

 
 日記から妄想って言葉をとったらアクセスが半分になりました。ワーイ
 
 こんばんは。高倉健です。ネット暦10ヶ月です。脳細胞の方は順調に死んでいってるみたい
 なのでわりと考え込まないような毎日を送ってます。嘘。ません。死にそう。つか死ぬ。
 
 そんな塩梅で生きているので、将来は素敵な奥さんと可愛い子供にも恵まれ、休日を利用して
 キャンプに行く。もちろん昼飯は釣りでゲット。ようしここは当然お父さんの出番だな。
 マサ太しっかり見てなさい。「うん!」.....そらきたっ「わあ!お父さんすごいや!」
 おおこりゃあ上等なニジマスだ。塩焼きだな。マサ太もやってみるか?「うん!やらして!」
 そうかそうか。男の子は釣り位できないとな。そら、ここをこうして....そうそう「釣れたー?」
 ああ、今マサ太に教えてるトコ。「きゃー!何これ!」何って...餌だよ。「きゃー私は勘弁!きゃー」
 おいおいなんだよ。こんな虫くらいで。「私...夕食の準備してるから」ああ頼むよ。
「...お母さん虫嫌いなんだね」なあ、全く女ってのはなー。マサ太は平気だよな?「うん!男だし!」
 そっかそっかはっはっは...
 
 -飯タイム-
 
 「モグモグ...おいしいね...」だろー?マサ太ももっと食べろよ。「うん!」やっぱり自然が一番だなー。
 「ほんとそうねー」なんだよお前。行く前はごねてたくせに。「そう?(笑)」そうだろーはっはっはっは...
 
 とか出来なくなりそう!やばいやばいどうしよどうしよ明るい未来が遠ざかっていくイメージが遠ざかって
 いくっていうか何だこの陳腐な未来像は!頭の方ダイジョブですか!>自分 沸いてませんか!>頭
 やっぱり関西はウスターですか!>ソース
 
 以下 現状から推測するリアルな未来像
 
 ガラガラ(引き戸)
 マ「ただいま...」
 嫁「ちょっとあんたなにやってんの!遅いよ全く!」
 マ「なにって...仕事だろー」
 嫁「飯が冷めるんだから連絡位してよ!ほらっこのバカ息子!ちょろちょろしないの!バシッ!」(張り手)
 子「あー!!あー!!」(号泣 しかも大声)
 マ「ああ飯いーや...疲れたから風呂入って寝るわ...」
 嫁「はあー?」
 子「あー!!あー!!」(号泣 しかも大声)
 マ「ほらほらもう泣き止めよ...男だろー?」
 子「あー!!あー!!」(しかも大声)
 マ「ったく...誰に似たんだ?」
 
 -風呂-
 
 マ「ちくしょー馬鹿工場長め...ブツブツ」
 ザップーン(風呂に入る音)
 マ「冷てーっ!なんだこりゃ!水じゃねえか!どういう事だこりゃ!」
 
 ドタドタドタ....
 マ「おい!」
 嫁「何よ...うるさいわねーもう寝てんだから」
 マ「風呂くらい湧かしとけ!」
 嫁「はあー?自分で湧かしてよーこっちは眠いんだからムニャムニャ」
 マ「.....。」
 
 -翌日-
 
 マ「ブアクシュ!」
 嫁「きったないわねー...」
 マ「うう...」
 嫁「いいから早く食べちゃってよ!ほらマサ太!ぼろぼろぼろぼろこぼさない!」
 子「あうあー」(鼻水ダーダー)
 マ「ちょっと熱計るわ...」
 嫁「38度5分までなら気合いで仕事いきなよ!」
 マ「あうあー」(鼻水ダーダー)
 
 
 うっわ嫌だ嫌だ!こんな未来全部うそ!うそうそ全部大うそ!ホントは明るい未来を信じてるって!(たぶん)
 
 

[2/19] 救心

 
 「あの」
 「はい」
 「助けてほしいんですけど」
 「はあ」
 「お願いします」
 「あの」
 「なんでしょう」
 「誰ですか」
 「誰でしょう」
 「あの」
 「はい」
 「忙しいんですけど」
 「忙しいですか」
 「じゃあそういうことで」
 「そういうことですか」
 「あの」
 「はい」
 「ウザいんですけど」
 「はあ」
 「じゃあ」
 「あの」
 「なんだよ」
 「助けてほしいんですけど」
 「知らねーよ」
 「知らなくいいので助けてください」
 「やだよ」
 「やだっすか」
 「つうか自分でなんとかしなよ」
 「はあ」
 「ウザい」
 「ウザいっすか」
 「じゃ」
 「あの」
 
 「...あんた相当病んでるね」
 
 
 
 君に言われたくない。
 
 

[2/18] 初心

 
 んーと。ストリーミング再生ってやつにやっと対応しましたココ。遅すぎですけど。
 でね、なにそれわけわかんないって人に一応説明すると、曲とか待たずにすぐ聴けるぞ
 って感じなのです。リアルプレイヤーがあれば。やっとやり方分かりました。
 半年以上何してたんしょうかココの管理人は。ほんと大馬鹿三太郎ですね。死ね死ねー
 
 んでちょっと前に気になった人達でBODENSTANDING 2000っていうRephlexのユニットがあるんですけど、
 
 ←まずはここクリックして聴いてみてください。(公開終了)
 
 えーと...。まあ声だけでトラックを作るってのは結構よくある手なんですが、彼らはTB-303までをも
 声で再現しようとしています。ほんと愉快なトンチンチキです小奴ら。
 ていうか自分も似たようなことやってきたんですけどね。え?それ聴かせて?
 
 
 アナザートラックいって聴いて。たまには。(これがいいたかった)
 
 
 +ワイアレポに画像を貼りました。ぐったり重くなっていい感じです。
 

[2/17] 縁側 

 
 今日も冴えねー頭をがんばって動かそうとしてみたり。がんばってるかー?がんばってんのか本当に。
 今のツチヤは笑っちゃう位小さなサイクルで動いております。最小限の栄養。最小限の行動。最小限の交友。
 最小限。最小限。最小限。
 そんなループ。ループ?人生ループ。そして目の前でレコオドがくるくると回っております。繰り返し繰り返し。
 いつもより余計に回しております。おめでとうございます。君の未来に完敗。いや乾杯。それではさようなら。 
 
 とここでバックスピン。キュルルルルル...
 
 .....
 
 気付いたら太陽の下。なんかちゃりんこで滑走してます。なかなか気持ちのいい日だ。悪く無いのである。
 いつもより余計にこぐのである。そうそう。余計に。何故かそうしてしまうのである。 こんな日は。

  
 なんか思い出してきた。

  

[2/15] -96726-

 

 高校の時バンドをやってました。
 
 なんて書くとモテを意識してそうで吐きそうですが、本当にやってました自分。
 というか演ってました。(嘔吐)活動としては、夜中屋台にラーメン食べに行ったり、
 肉食べたり、肉食べたり、肉食べたり、なんか肉ばっか食ってるバンドでした。
 で、移動するとき(機材車)はなぜかベンツでした。最高に頭悪そうです。
 
 そしてベースのS君という人がいたんですけど、結構モテ系って感じで。
 白い歯がまぶしいよ!ナイス笑顔をありがとう!&いつもちっこめの黄色いTシャツ
 さわやかに着こなしてるよ! って感じで大好きだったんですが、
 ミーティング(結構真剣)の時なんか少し目を離すと、熟睡してるよコイツ(^^;;
 ってな強者で。もう(汗爆)って感じで。そのくせベースとか初心者で練習の時とか
 珍妙な低音をぶおんぶおん奏でまくってくれたんですが、全部彼の笑顔で帳消しで。
  
 そんなマイペースなS君だったんですが、ライブの少し前になって練習に来なくなりました。
 どうしたんでしょうか?ドラムのN君が言いました。 

 
 あいつ最近、親友を事故で亡くしたんだよ  

 

 

 
 
 現実ってのはいつも容赦が無いです。 何も言えなくなります。  無力。
 
 でも彼がライブなんて出来る状況じゃないのは容易に想像つきます。
 みんなの中に、なんとも言い難い空気が流れていました。
 
 --当日--
 
 S君は来ました。少し笑顔も戻ってます。 S君は来た それだけで十分です。

 そしてライブ中、彼はある曲の前で、その亡くなった親友についてMCをしました。 
 
 『 あいつが好きだった曲です 聴いてやって下さい 』 
 
  
 忘れられないです。バンドって。
 
 
 
なんかしめっぽくなっちゃいましたね。(そうでもない)

[2/14] メロンコリー

 
 なんか恐くてたまんなくなったり。激しい焦燥感にかられたり。
 悪い夢ばっか見たり。夢なら覚めろよって起きたらいつもの天井があって現実のが辛かったり。
 
 とか書いてみたり。いつか読み返したら恥ずかしいだろうなこの日記とか思ったり。
 逆に恥ずかしくなかったらどうしようと思ったり。耳をすませばマックのみブオーって言ってたり。
 気付いたら本当にパソコンとしか会話してなくて焦ったり。
 これ壊したら何か変わるかなとか思ったけど壊すんだったらモデムにしとこ。とか打算してみたり。
 今やるべき事について考えたり。ちょっと見えたかな?って少し楽になってみたり。寝て起きたら忘れてたり。
 とまあ、面白い具合に鬱なんです自分。91.2凹くらい。(単位:ヘコ)まあいいさ。
 上段キックで切り抜けたいと思います。(冗談)
 
 とか書いてみたり。
 

[2/13] ごめんなさい

 
 どうも管理人です。いきなりですがウエレコは閉鎖します。さよなら。
 
 とかやっちまいそうな衝動にかられる毎日を送っています。ここの所どうもダメ人間です。
 いや基本的に負のオーラは出ている人なんですが、最近はマッシブダメって感じで。うあ。
 消えれるもんなら今すぐ消えてみてえよあはは。
 とか思ったり泣いたり笑ったり悩んだり考えたり吐いたり止まったり黙ったりまた悩んだりで。
 周りの人々に明らかに迷惑かけるような行動してたり、発言にブレーキかからなくて余計な事まで言ったり。
 そしてこの書いてる内容がまた自分を追い込んでるんだなあとか思いつつも眩しい朝日を浴びたらかすかに
 元気がでてみたり。ホント人間って勝手ですね。
 いや自分がね。
 
 『妄想日記』ってやっぱ恥ずかしくて死にそうなのでこれからは『日記』で。 (日記...)
 
 本当は『ウエエヴレコオド』という名前もどうかなー?とか思ってます。結構適当に(仮)
 って感じでつけた名前だし。でも『ウエレコ』って言いやすいからまあいっかみたいな。ああいいのかな。
 
 というかウエレコ。もっと明確なコンセプトがないと困ります。ていうか困ってます。
 実は悩みの一つですココ。本気で。当初はWEB上のテクノレーベルみたいな感じでスタートしました。
 が。今なんなんでしょう。結構 笑える 笑えないです。
 これはここが自分の頭の中をそのまま表しているから仕方無い事かもしれません。←意味分かりません。
 暗中模索って言葉が今のマイワード。あらなんか和風ね。あらあら。
 
 そんな感じ。
 

[2/11] (お)

 
 近頃KEN ISHIIの『スリーピングマッドネス』を聴き直したりしています。眠れる狂気?眠っている狂気?
 まあいいや。ケンイシイが去年行ったスリーピングマッドネスツアーが思い出されます。
 映像がすごかった。やっぱりテクノはビジュアル的にも訴えるものがある方がかっこいいです。
 音と映像(または光など)が完全にシンクロした時なんか鳥肌たちます。なんなんだろうあの感覚。
 クラブでも照明の力は絶大です。『かっこいい』といえばそれまでですが、あの光とあの音がつくり出す
 空間はたぶん異次元だと思います。というか人間界じゃないんですアレって。
 だから『あっ俺こんな違う世界に足を踏み入れてるやばいよ!』ってな感じでドキドキするんですきっと。
 いままでで一番異次元だったのがワイアー99で卓球が『 虹 rez 』かけてる時でした。
 あの音を浴びつつ天井を見上げればレーザーレーザーレーザー光線の嵐。
 いや...僕らを導く希望の光りかな。(お)そして嬉しそうに小躍りし続ける一万の民...。
 あれが現実であった事がなによりです。そうさなによりさ。
 

[2/10] 最近の凹み度

 
 
 
  83.5 凹。
 

[2/9] 犬が一番強かった

 
 キリンラガーヒール。
 管理人です。今晩は。ではここでいきなりですが、最近プレイしたゲームを紹介します。
 全部スーパーファミリーコンピューターです。
 
 @
コットン100%(STG)
 PCエンジンのマジカルチェイスみたいなシューティング。程よい難易度でサクサククリアし
 てしまい、これがきっかけでSTGスイッチがはいってしまった>自分 最後のボスは結構派手。(クリア済)
 A
スーパーR-TYPE(STG)
 おもろい。だってR-TYPEだし。ためてためてゴーってな感じでゴー。(クリア済)
 B
グラディウス3(STG)
 これも凝ってた。ただしスピードアップしすぎて壁に激突しまくりでした。(クリア済)
 C
RーTYPE3(STG)
 超絶ムズいです。でもすごいんです。もう何もかもがすごいんです。最高なんです。ビビる。やって。
 D
超魔界村(ACT)
 超絶ムズいです。。やる人かなり選ぶんです。最後まで行って『女神の腕輪がないから最初からやりな
 おしてね〜』って姫に言われた時は窓からパンツ一丁で飛び下りようかと思いました。
 E
永遠のフィレーナ(RPG)
 でたよ...これだよ!このゲームちゃんだよ今回言いたいのは!なんか題名からしてクソゲイムじゃん!
 って思いませんか?思いますよね!ププ!しかもロープレってとこがまた!ケラケラ!いやーまいったまいった....
 
徹夜でクリアしてるし俺。ゲラゲラ!んっぷぷぷ! フー  いや、本当なんです。いや、13時間。
 いやいやもーこれねーかなりマイナーなゲームだと思うんですけどねー。ただでさえマイナーなウエレコの
 更にマイナーな日記ページでこんなマイナーな話題書いてる僕が一番永遠のフィレーナだと思う。思います。 終

 
 で、結局どんなゲームなの?
P.S ウエレコいつも応援してます  って皆さん興味深々で僕にメールを送ってくれる
 事が目に見えているので内容は書きません。うそぴょん。(雪)書きます。えっと一言でいってFFを水で3倍位に薄
 めたようなゲイムです。とにかくFFに似てます。絵から話から動きから。『帝国』とか出てきます。『反乱軍』とか
 もでてきます。『召還獣』は出てきません。そしてゲーム始まってすぐに人殺しまくりです。幼い頃から育ててもら
 ったじいちゃんとかも容赦なく殺します。えらそうな人に『好きな女を選んでよいぞ』とかいわれて『俺ごのみだつ
 いてこい』とか『こいつでがまんするか...』とか言うセリフが飛び交ってます。鬼畜ですね。あと主人公女なのに女
 の嫁さんがいたりします。なんかアレですね。興味のある方、そんなアレな永遠のフィレーナを是非プレイしてみて
 ください。そっそして永遠のフィレーナサイトを一緒にやりましょう!(氷)
 

[2/7] 虚空

 
 二週間で焼きそば6回。しかもディナー。脳みそ停止間近。
 もはや自虐するにも値しないほどからっぽな日でしたおわり。
 

[2/6] スキルアッペ

 
 ウインドウズ2000がもうすぐ発売されるみたいですが、今日はウインドウズ95に親しんでみました。 えーと
 うちはマックなんですけどウインドウズなんです。マックの中にウインドウズをいれてるんです。なんかアホっ
 ぽいですがそういう仕様なんです。そんな感じなのでウンドウズがウインドーに立ち上がって、そのまんまだー!
 って感じで結構一人で喜んでます。あと当たり前ですがMac OS上で動かしているのでちと重いです>ウィン95 
 ウチの場合(G3 233MHz)はMMXペンティアム100MHz〜位で動くらしいんですが、多分うそです。体感速度と
 いうかキーレスポンスが少しもったりします。動作もかなり不安定だし。でもね。やっぱりウインドウズって主流
 じゃないですか。業界の。『多少はつかえないとな〜』とか思っちゃった訳ですよこれが。マックオンリーの皆さ
 んすいません。実はエセマッカーでした自分。小心者で一般ピーポーな僕をなにとぞ許したまへ。でちょっといじ
 ったりしてたんですけど、なんか難しくて正直よくわかりません。拡張子?はあ?MS-DOSモード?なにそれ?
 って事にはならず普通に使えました。やるじゃん自分ゴーゴー
 でもウィンの内部事情は全くといっていい程分かりません。なんかファイルが一杯あって複雑そうに見えるんですけど。
 でもみんなこれつかってんだよねー。ていうか全国の小中学生でさえつかってんだもんねコレ。まあ慣れと経験でしょうか。
 ↑でエセマッカーなんて言ってますけど、実はそうでもないです。(!) マックかなり好きです。
 いや...『ラヴ』と言った方がいいかな。たとえば僕の前でマッキントッシュさんの悪口を言っている人がいるとしましょう。
 刺します。容赦なしだぜ。けけけ( 絶望の世界)ってちょっと頭に黒い考えがよぎった後にかなり動揺します。
 もう顔とか真っ赤にしてプルプルしつつ『ンフー!ンフー!』ってこらえます。
 ということで愛しちゃってんですよ僕! マ、マッキントッシュさんの事を!をををを! あっ!!
 
 
(」><) いっちった...
 
 
という事で相変わらずさえない僕ちんなんですが、これからはウインドウズさんにもアタックする気でいやがります。
 二またいうな。
 

[2/5] 一筋の光 from「I A R」

 
 IARのTEAサン
ら『よかったら使います?』と※VS-840EX(!)が送られてきました。うっ!な、涙でそうです。うっうっ
 TEAサンホントにありがとです!!大事に大事に使わせていただきます!!んぐっうっうっ んふっ!っうダラ〜   
 あいけない鼻水が... ちィーンちィーンちィーン くしゃくしゃ ぽーい スカッ ポンポンポン.... ああん
 
 
三日前位からやってんだけど曲が曲になりません。さてはスランプというやつではないか。これは。 キーン... 
 
 
ハッスル!ハッスル! はい皆さん御一緒に〜!
 
ハッスル!ハッスル! そーういい感じだ〜!
 
ハッスル!ハッスル! 突き抜ける様な笑顔で〜!
 
ハッスル!ハッスル! 指のつま先までしっかり伸ばす〜!
 
ハッスル!ハッスル! あっそこの君いいね〜!(笑)
 
ハッスル!ハッスル! はい白い歯をニッカリ〜!
 
ハッスル!ハッスル! そうそう!そのフィーリング保って〜!
 
ハッスル!ハッスル! ハイ!♪ハイ!♪(手拍子付きで)
 
ハッスル!ハッスル! ハイ!♪ハイ!♪
 
ハッスル!ハッスル! ハイ!♪ハイ!♪
 
ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル! イ!♪ハイ!♪
 
ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル!ハッスル! イ!♪ハイ!♪
 ってなにくだらん事書いてんだ俺は! いっそ死ね死ねバカ馬鹿カバあほカスゴミ超消えろ超消えろ超消えろばーかわーい!!
 さーてもう寝るか! 
 うっうっ...(涙で枕を濡らす音)
 
 
 とにかくTEAサンありがとうございました。こんな↑ヘナヘナな状態の自分にも少し光が差し込んだ気がしました。本当に。
 
 ※VS-840EX---ハイエンドな貴族のみに使用を許されるデヂタルHD・レコージング・マシーン。とにかく高価なものなのです。
 

[2/2] 寸劇ロマンチズム

 
 (」=ロ=)あー
 (」=ロ=)あーあうー
 (」=ロ=)あ...
 (」=ロ=)...
 
 
 (」゚ ロ ゚)
 
  -終劇-

 

[2/1] 二月は一瞬

 
 なんだかすっかりドラサイトの様相を呈してきましたココ。こんばんわ。愛新覚羅マです。中二です。
 サッカー部です。昨日、『のび太の結婚前夜』のビデオを借りてきて見ました。原作の方は知って
 いたので、泣けるのは自分の中で確実だったんですが、それにしてもいい話でした。劇場版はのび太が原作よ
 り3倍程素敵野郎に描かれていました。憎い位にかっこよかったです彼。あと個人的に楽しみだったスネオの髪型
 があまり変わってなくて残念。原作はパンチパーマをかけてて小池さんみたいなのに。
 見てない方は是非見てみて下さい。ドラワールドが広がること請け合いです。でも『ザ☆ドラえもんズ』はどうかな〜?
 あれは認めません自分。旧ザクなんで。
 
 2000.2/1現在のツチヤ的ドラ話 トップ10 
 
 1.「さようなら、ドラえもん」(6巻)---『勝ったよ、ぼく』
 2.「のび太の結婚前夜」(25巻)---『パパ!あたしお嫁にいくのやめる!!』
 3.「おばあちゃんのおもいで」(4巻)---『信じられないかもしれないけど、ぼく、のび太です』
 4.「 台風のフー子」(6巻)---『おおよしよし、いい子だね』『フーンフーン。』
 5. 「どくさいスイッチ」(15巻)---『もう誰もかれも消えちまえ!』
 6.「ふたりっきりでなにしてる?」(42巻)---『信じられない....。あれが将来ぼくのお嫁さんになる人の態度か....。』
 7.「かえってきたドラえもん」(7巻)---『うれしくない。これからまた、ずうっとドラえもんと一緒に暮らさない。』
 8.「ドラえもんが重病に?」(45巻)---『早く直さないと、手後れになって...、永久にこわれちゃうの!!』
 9.「のび太が消えちゃう?」(43巻)---『「片岡玉子」 あの人が落としていったんだな。』
 10.「プロポーズ作戦」(1巻)---『ああっ、十二年前のママだっ!』
 
 同 大長編トップ5
 
 1. のび太の魔界大冒険
 2. のび太と鉄人兵団
 3. のび太の海底鬼岩城
 4. のび太と恐竜
 5. のび太の宇宙小戦争
 

 


 top
 new diary
 past diary